院長の勤務医時代から思うこと

職業歯科医師として生きるということ

レジン充填

私自身は、自費専門の歯科クリニックで歯科医師人生をスタートさせました。

この時に、


・じっくり治療計画を練ること

・ひとつひとつをしっかり行って積み重ねること

・自分自身で学ぶ姿勢を持つこと

・答えは一つだけではないこと

を学びました。

そして、

歯科医師として残りの人生を過ごしていくにあたり、
必要なことは極端な話、これだけで充分だろうと思います。

その証拠に、この時の経験が今でも役に立っていて
今でも迷った時にはこれらのことが私を救ってくれたことが何度もありました。

しかし、

残念ながらその後に勤めたほとんどの歯科医院ではこのような考えは否定され、

ぶんまわし

売上げ

自己満足に浸る

というものばかりでした。

勉強していればからかわれ、

治療の矛盾をなくそうと話をしても流されて

やりたい治療は取り上げられました。

なされる治療の質に対して、お礼を言っている患者さまの言葉を聞いて、
何度も胸が締め付けられる思いをしてきました。

ですから、

私の医院に来てくだされば、ためになりそうなことをトコトンしてあげたいなと思っています。
私自身もそうしてもらって、今でも感謝していますし、その時にこそ実力もつけられたと思うからです。

時には辛いこともあるかもしれませんが、共に乗り越えましょう。

競争ではなく、切磋琢磨できる関係が望ましいです。

このご縁を大事に、一生の付き合いが出来るような仲間を募集しています。

やる気、希望、上昇志向は財産です。

この財産を失わないように、

単に威張るだけの人から自尊心のある歯科医師に成長出来るように

懇切丁寧にご指導させて頂きます。